花粉症治療

花粉症を根本から改善する唯一の治療法

よくわかるスギ花粉症の
舌下免疫療法

スギ花粉症でお悩みの患者さんやそのご家族に向けて、スギ花粉の診断や治療、舌下免疫療法の治療についての説明や期待される効果、副作用についてご紹介させていただきます。

発祥しないよう根本から治す
舌下免疫療法について

当院では、多くの人がかかえる花粉症の悩みを解消したいと、花粉症の治療に注力しています。今までは症状を抑える対症療法が中心でしたが、花粉症が発症しないよう根本から治すことを目的とした治療法が開発されました。「舌下免疫療法」(ぜっかめんえきりょうほう)という名で、日本では2014年10月に健康保険が適用され、国からも安全性と効果が認められています。

そもそもアレルギーとは

花粉症はアレルギーの一種。人間には、体内に入ってきた異物を攻撃してやっつける「免疫」というシステムが機能していて、この免疫が過剰に働く状態をアレルギーと呼びます。花粉症であれば、目のかゆみや鼻水、くしゃみ。これらは体が花粉を追い出そうと過剰に反応した結果の症状なのです。

体質を改善する舌下免疫療法

舌下免疫療法とは、アレルギー物質を体の中に取り込んで徐々に慣れさせ、免疫が過剰に働かないようにする治療方法です。つまり、体質を改善させ、アレルギーの諸症状が起きないようにするもの。当院ではスギ花粉とハウスダストに有効な舌下免疫療法を行っています。
スギ花粉に対する薬は「シダトレン」(液状)、ハウスダスト用は「ミティキュア」(錠剤)です。

7割以上に改善効果あり

製薬会社などの調査報告によると、舌下免疫療法を行った人のおよそ7割に症状が和らいだり、なくなったりした効果が出ています。

副作用は?

副作用については、全身性の強いショック症状である「アナフィラキシーショック」が起こる可能性があると考えられていますが、ここ2年間では副作用が起きたという報告はありません。また、今までに免疫療法として行われてきた注射に比べ、副作用が起きる可能性は大幅に減りました。

副作用のリスク、緊急時の対応についても十分に説明

当院では副作用についても十分に説明し、もし万が一、発作が起きたときの対応についてもご説明しています。
治療を始めるときには一度、当院の医師の目の前で投与していただき、異変がないかを確かめます。それでもご不安な方には、その後も院内で投与していただくことも可能です。

手軽にできる治療方法

1日1回でできる治療法

舌下免疫療法のメリットは注射に比べて痛みがないことと、来院せずにご自宅で投与できること、注射に比べて副作用が少ないことです。1日1回、アレルギー物質を含んだエキスを舌の下に含んで2~5分そのままにして、その後飲み込みます。

留意点・注意点

治療は花粉シーズンを除く

花粉シーズンだとアレルギー物質を取り込む量が増えてしまうため、治療できるのはシーズン外になります。2月ごろから花粉が飛び始めますので、遅くとも11月までには始めましょう。

治療期間の目安は2~5年間

治療は短くても2~5年間は継続して行うのが目安です。治療中は毎日1回投与していただきます。投与して2時間はアルコール摂取と入浴を控えてください。治療を始めた当初は2週間に1度ご来院いただいて経過を聞かせていただき、慣れてきたら月に1度ご来院ください。

口の中の違和感は消えるのでご安心を

患者さんによっては投与後、口の中がむくんだ感じがするといった違和感を覚える方もいらっしゃいますが、1ヵ月ほどでなくなります。症状が重くなるような副作用ではありませんので、ご安心ください。

重症のぜんそくなど治療ができない場合も

以下の方は症状が重くなったり、副作用が起きたりする可能性があるため、治療が受けられません。まずは一度当院にご相談ください。

  • 重症のぜんそくの方
  • ステロイド薬や抗がん剤などを服用している方
  • 妊娠されている方

患者さんへのメッセージ

花粉症でお悩みの方 「仕方がない」とあきらめている方
幅広い治療を行ってきた当院に一度、ご相談を

当院は舌下免疫療法以外にも、「ヒスタグロビン」や「ケナコルト」といった薬を投与して症状の緩和をめざす注射も行ってきました。花粉症の治療を幅広く行ってきた臨床経験の豊富さが強み。花粉症でお悩みの方、「花粉症だったら仕方がない」とあきらめている方、ぜひ一度、当院にご相談ください。